手に入れよう6pac!筋トレすると起こるイイこと♡10個

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

皆さんは何か運動していますか?

海外のセレブがジムで筋トレしていたり、女性アスリートの活躍で、女性でも筋肉がついた体がかっこいいとされています。

腹筋のシックスパックはもうマッチョな男性だけのものではないのです…!
今回は筋トレで筋肉を増やすと起こる良い変化についてまとめてきます。

厳しい食事制限は筋肉を弱らせる

ダイエットのために長期間、食事を減らすと、筋肉も落ちて疲れやすくなったり、逆に太りやすくなったりします。一時的に過度の食事制限をしたあと、以前よりもっと太ってしまったという人、よくいますよね。

それほど筋肉は、健康に欠かせない存在です。一般的に若さと筋肉量は比例するものなので、アンチエイジングには筋肉が不可欠。

30代40代は、筋力が衰えて疲れやすさを感じたり、中年太りのキケンもあります。20代のように動きにキレがなくなった、体力に自信がなくなったという人は筋力が衰えているサインかも⁉︎

仕事で消耗しているから運動しなくてもいい、という人は筋トレが1番しやすいのではないでしょうか。ジムにいかなくても仲間がいなくても、どこかに出かけることなく、お金もかからずできるのか筋トレ。時間のスペースもそれほど必要ありません。女性の場合は、毎日筋トレしてもムキムキになることがないので、恐れずにやってみましょう。

スポンサーリンク

筋トレで起こる良い変化10個

1、姿勢が良くなる

年齢を重ねて姿勢が前かがみになったり、猫背、内巻き肩になるのは、インナーマッスルの衰えにも関係しています。正しい姿勢でいることが疲れるというのは筋肉が弱っている証拠。筋トレは部分的でも、背筋まっすぐに効果てきめん、全体的に姿勢が変わってきます。

2、冷え防止

筋肉があると体の流れがスムーズになり、体温も高まります。特に下半身の血液循環が冷え防止には重要です。下半身の筋肉を鍛えることで、冷えやすい足先や腰回りの冷えを和らげることができます。もっとも大事なのは、心臓の方へ血液を送り出すポンプ機能のあるふくらはぎ。ここの筋肉を衰えさせないようにしましょう。

3、若々しい体型を保てる

筋肉は天然の補正下着。適切に筋肉がある体はいつまでも若々しく、体型をキープすることができます。筋肉があると脂肪が燃えやすく、背中や下っ腹、二の腕など一度つくとなかなか取りにくい脂肪をもともと寄せ付けないようにしてくれます。

4、凸凹セルライトをつきにくくする

セルライトは太ももや腰などの贅肉がつきやすい場所にできる脂肪の塊のようなもの。一度つくとなかなかとれないと言われています。見た目にもでこぼこして気になるのですが、体重が減っても足だけ痩せないのはこのセルライトが一因になっています。

このセルライトは脂肪が冷えることで、少しずつ蓄積されていきます。セルライトつけないようにするには、体の冷えを解消すること。代謝が悪くなり老廃物が滞留するとセルライトができやすくなるので、運動する習慣で筋肉をつけ、冷えや代謝の低下を防ぎます。

5、顔色が良くなる

顔のくすみやハリのなさが気になっていませんか。実は筋肉はものを持ち上げたり、俊敏に動くためだけのものではありません。代謝を上げて、血流を高めてくれるので、そのおかげで体の隅々に栄養分が運ばれ、老廃物もスムーズに排出されるようになります。代謝がよくなると肌に透明感が出て、血色もアップします。

6、腰痛・膝痛を予防

同じ姿勢や負担のかかる動作を繰り返すと、若くても腰や膝が痛くなることがあります。年齢を重ねるとそれが慢性的になり、腰痛や膝痛となっていきます。腰回りや膝の上の太ももの筋肉を鍛えることで、コルセットのようにつつみこみ、体の支柱をしっかりとホールドしてくれます。慢性的な痛みに悩まされると、行動範囲が狭まるほか、寝たきりなどの可能性も高くなります。

7、他の運動の効率をアップ

筋トレをすることで体の運動機能が高まります。ダンスや野球などのスポーツでも筋トレが重要なように、他の運動と組み合わせれば、相乗的に体を鍛え、運動の質を変えることができます。

さらにウォーキングと筋トレを組み合わせれば、ダイエット効果も抜群。新しい筋肉がウォーキングによる脂肪を燃焼のスピードを高めてくれます。

8、思考力を高める

筋肉が及ぼす影響は体や美容だけではありません。運動による刺激によって筋肉組織から分泌される物質が、血液を通して脳に入っていき神経細胞の働きが活性化することがわかっています。筋トレは体のみならず心や脳にも良い影響があるのです。記憶力を高め、認知症などの脳の老化を遅らせる可能性もあります。

9、体力をキープできる

筋肉は体の活力を生み出す場所。筋力が減ってくると、体がパワーダウンして感じられます。疲れたなと思ったとき、20代なら一晩寝ればもとに戻ったのに、2〜3日疲れが続く、寝ても疲れが取れないとか、1日中歩いてもどこも疲れなかったのに、たった3時間の買い物でヘトヘトになるなど。

少しずつそのような実感を持たれてる方も多いはず。筋トレを続けていくことで、日常的に感じる体力低下を押しとどめることができます。

10、ケガの予防になる

筋肉を鍛えることで、ふいのケガの予防にもなります。高齢になるとつまずくことが多くなり、少し転んだときに大きく怪我をしてしまうことがあります。これは筋力の低下のサイン。

30代40代は自覚はなくても下半身の筋肉筋力が少しずつ落ちてくるとき。「思っているほど動けない」という状態です。これも下半身の筋力を保つことで予防が可能。日常的な筋トレでとっさの時に重大なケガを負うのを防ぎましょう。

皆さんのやる気に火がついたのではないでしょうか⁉︎

筋トレは短期的にはダイエットとして欠かせないものですし、長期的にみても体と心の健康に不可欠だということがわかりますね。

明日はジムに行こう!と思った方は、ぜひスタートさせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする