定番グレーでおしゃプロ!イイ女風の「大人のスウェット」はこう着る

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

部屋着の定番、グレーのスウェット。

運動する時や羽織ものとしてのパーカーなど、

定番ではありますが、おしゃれには程遠いというのがスウェットです。

気分が上がるスウェットはあまりないでしょうね・・・。

けれど今、スウェット素材のトップスが、

ワードローブに欠かせないアイテムとして急浮上しています。

いわゆるトレーナーですが、

薄手ニットに代わりに新鮮さをプラス!

メンズライクなカジュアルルックにも欠かせない!

トレンドのデニムとも相性が良い!

というのがじわじわと人気が出ている理由ですね。

スウェット素材のトップスは海外のインスタグラマーも

取り入れているので、

世界的にもトレンドの一つといえますね。

Petraさん(@pepamack)がシェアした投稿

せっかくなら、「部屋着のまま?」と言われずに、おしゃれに決めたいですね。

というわけで、スウェット素材の上手なコーデの方法をまとめていきますよ!

キャンパスルックにしない

スウェットはカジュアルの極みのアイテムなので、

シンプルにスウェットにストレートジーンズ、チェックのシャツ・・

という組み合わせだと、完全にキャンパスルックになってしまいます。

大人のアイテムとの意外な組み合わせがないと、新鮮なスウェットコーデにならないというのが注意点です。

大きめサイズを選ぶ 色はグレー?

おしゃれに見えるポイントは、まずはサイズ。

大きめのスウェットをビックシルエットで着るのがIN。

ボリュームのあるトップスに、

同じくボリュームのあるワイドパンツを合わせたり、

ボトムはスリムにしてもOKです。

色はグレーを着ている人が多いですが、

モードな感じだと白、黒、

ハイカジュアル系ではネイビー、カーキといった色も出ています。

ロゴはない方がイイですね。

タイトスカートを合わせて大人っぽく

スウェットに合わせるなら、ミニスカートより断然膝丈のタイトスカート。

ミニだとカジュアルになって、子供っぽいコーデに。

厚みがある素材なら、デニム素材でもチノでもベーシックな黒でも。

スリットが入っていたり、パッチワークデニムなど、

モードな雰囲気の技ありのアイテムもマッチ。ドレスダウンしてくれます。

素材の違うボトムでおしゃプロになる

スウェットに同素材のスウェットのボトムは

カジュアル度が高くなりすぎ。キケンです。

ボトムにはシルクやベロアといった光沢素材や、

スウェットがシンプルなぶん、フリルやふんわりした素材などを取り入れてみましょう。

素材の違いや、シンプルと技巧、

カジュアルとリッチ、といった対比がコーデの新鮮に見せてくれます。

ただ、あまりにもドレッシィーなものは合いません。

手首、首回りをスッキリ

きれいに着こなすために、適度に首元をすっきりさせ、

袖をまくって手元のアクセサリーを見せたりすると、

着こなし感が出て、ぐっとかっこよくなります。

ハイカジュアルなら、大きなリュックも似合いますし、

モード派はクラッチがハマりますね。

スウェットはボーイズアイテムで、メンズライクに傾くので、

ネイルやリップでイイ女風を醸し出していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする