ギョッ!着替えに仮眠…女子トイレで「それあり?」なツワモノ実録

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

ライターをしている今は、

自宅がオフィスなので、

部屋にいる時間が多いのですが、

編集記者として会社勤めしていた頃は、

1日の大半は、外周りでした。

朝から出社せず、外周りをして人に会い、

夕方、やっと出社という感じでした。

都内を西へ東へ、歩き回っていた時代・・・

当然、外出先の商業施設や駅でお手洗いを借りるわけです。

スポンサーリンク

女子トイレで遭遇するスゴイこと

その時、けっこうな割合で、女子トイレで「え!」ということに遭遇していました。

若い人が集まる周辺のエリアでは、いつも開かずの扉があり。

カサカサと着替えをしている人がいる・・

ということも次第に分かってきました。

都会はサバイバルなので、

色々な事情を抱えている、というか人それぞれです。

今回は、女子トイレで出会った、「ツワモノだな」と思った瞬間をまとめていきます。

一からメイク

女子トイレの化粧台って、照明が良かったり、三面鏡になっていたり、すごく化粧しやすいですよね。

新しい商業施設では、女子トイレがとにかくきれい、長居したくなるぐらい…と思うことあります。

そういうところで、「化粧する」といっても実際には口紅を直したり、パウダーをのせるぐらいですよね。

ですが、ノーメイクから完全に別人に変わろうという人も。

全く自宅と一緒で、前髪をピンで留めたり、カーラーをつけたりするところからはじまり。化粧水をつけている人もいますよね。

電源プラグにヘアアイロンをセットしている人とか。

空いているトイレだと見て見ぬふりですが、

混雑しているトイレだと、さぞかし理由があるんだなと、思ってしまいます。

人がいるところでメイクやヘアセットしにくいでしょうからね。

メール、仕事の電話

トイレで並んでいる間、電話をしたり、メールをしたり、よくすると思うのですが、自分が個室に入ってからも、電話し続けてる人、いますよね!

親しい人や家族だったりするのかも、と思うのですが、

仕事の電話をしている人も意外といます。

きっと相手も気づいていると思う!

あとは、ドレッサーでずっと電話している人とか。

シーンとしているところだと、話の内容が聞きたくなくても聞こえてしまって、内心、話に同情したり、してしまいます。

止まらないおしゃべり

トイレだけが話ができる場、という会社もあるのでしょう。

何があったのかはわからないのですが、会社のトイレで延々と話をし続けている人。

訪問先がオフィスビルだった場合など、会社が特定されないからなのか、トイレに入る人がいたら、そこで、「また続きはあとで」と解散するのが普通。

ですが、人がトイレに入ってから出るまで、終わらない会話を続けている人も。

よっぽどのことがあったのが、その人がそういう人なのかわかりませんが、

おしゃべりに花が咲いてしまうと、5分なんてあっという間ですからね。

着るのが難しそうな服に着替え

ずっと開かないな〜と思う個室があると、「具合悪いのかも」と心配になる私…。

流す音とかが聞こえない個室は、ほとんどの割合で着替えしていますね。

そうではないこともありますが。

よくあったのは若者が多いエリアで、トイレから出てきた人が、すごく着るのが難しそうな服、というかドレスアップして出て来ることです。

レースアップが付いているような。

カサカサと洋服の音は聞こえてしまうので、本当に周りにはバレているトイレでの着替え。

個室から出てきた時の洋服のインパクトが大きいと、「そりゃその服は大変だよね」と並んでいる皆が共感の視線を送っていることでしょう。

パパっと着替えしている人もいれば、のんびりしている人もいます。

あの壁一枚だと、そういうところもなんとなくわかってしまいますね。

仮眠している?

ずっと開かない扉のナンバー2は仮眠。

スマホというケースもあります。

寝ている場合だと、いびきとは言わないまでも静かに寝息が聞こえてきますね。

昼寝、できるところないですもんね。

目が覚めて、ふらっと個室を出た時に、外に行列ができていたら一気に目がさめるでしょう。

都会のトイレは混雑するのが当たり前ですから、

どんな人がいても、みんな見ていないそぶりです。

でも視界には入っているから、ポーチの中の化粧品の種類とか「ここで歯磨きするの⁉︎」とか「ちら見」はしているんですよね。

完全に見ていないと思ってはいけないですよね。

他人とはいっても一応のマナーは保っておきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする