ポツポツ毛穴を消す!厚塗り無用のリキッド筆ペンコンシーラー

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

コンシーラーはシミやクマを隠すだけのではなくて、毛穴も消すことができるアイテム。

頰の毛穴はファンデーションを薄く塗ったときや、肌が乾燥しているとき、

化粧の後でも毛穴が目立つことがあります。

こういったときに、ファンデーションの上からコンシーラーをプラスすると毛穴をすっとカバーしてくれます。

ただ選び方があり、シミ用の硬いコンシーラーではなく、リキッドタイプのような柔らかなテクスチャーの方を選びましょう。

厚塗りに見えず肌に馴染みますよ。

スポンサーリンク

面で使うリキッドコンシーラーとは?

そのようなコンシーラーの“面”使いはトレンドの一つでもあります。

隠すものというより、ハイライトのように取り入れて自然にきれいに見せましょう。

まつげ美容液で有名な「AVANCE」(アヴァンセ)。

アヴァンセから登場したのが、筆タイプのリキッドコンシーラーです。

使ってみてよかったので、早速レヴューしていきます!

アヴァンセ ジョリ・エ ジョリ・エ リキッドコンシーラー

アヴァンセ ジョリ・エ ジョリ・エ リキッドコンシーラー は面で消すタイプと点で消すタイプの2種類。

面は毛穴、くすみ、小じわに対応しています。

点の方は、くま、しみ、ニキビ跡など、気になるスポットに使います。

両方とも筆ペン式で描きやすいのがポイントです。

ノック式で最初はカツカツと何度か押してから使いますよ。

私は薄くファンデーションを塗った後に、ほうれい線付近やおでこなど、毛穴が気になる場所に面のリキッドコンシーラーをのせて使っています。

面の方は明るめのリキッドコンシーラーなので、顔の中心部に使うのがいいですね。

額はともかくそれ以外で顔の外側などに使うと、デカ顔になってしまいます。

さらっとした使い心地で厚塗り感なし。頰の毛穴がきれいにカバーできました!

メイクをした後、ジムで1時間ほど軽く汗をかきましたが、時間がたっても取れにくく、さらに肌に馴染んでいました。

目もと用の点のコンシーラー

目元のクマには点で消すタイプのコンシーラー。

こちらは色味がナチュラルベージュで、面の方のライトベージュと比べると、一段濃い色味。

ファンデーションには馴染みやすく、シミも自然にカバーしてくれます。

あまり厚塗りすると、時間の経過とともにどうしても崩れやすくなるので注意。

コンシーラーは乾燥してしまうのが難点なので、

顔全体に使っている人もいますが、デイリーメイクでは肌には荒らす原因になってしまいます。

その点もアヴァンセ ジョリ・エ ジョリ・エ リキッドコンシーラー は、美容成分としてヒアルロン酸、コラーゲン、シアバターを配合して、

乾く感じがありません。

もともと毛穴は乾燥が原因で目立っている場合あるので、

乾燥対策があるといいですね。

目もとや口元も保湿成分で守られることで、しわっぽくなるのが防げます。

筆ペンタイプなので、気になるところにぱぱっとのせられるので楽です。

確実にシミを隠したいタイプの人には、やはり硬めのコンシーラーのほうがカバー力がありますが、意外とファンデから浮いて見えることもあります。

その辺がコンシーラー使いの難しいところですが、

完全にではなく軽く隠すくらいなら、こういったリキッドタイプもおすすめです。

ナチュラルに馴染んで、不自然さがありません。

リキッドタイプを選ぶときはフィット感も大事。フィットしないと取れやすくなります。

手肌で試すときはそういったところもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする