ちゃんと洗えてる?すすぎ不足が多数派…正しいシャンプーの洗い方は?

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

毎日のシャンプー、ただただ洗っていませんか? 痒みが残ったり、フケが気になったり、ヘアケアの基本はシャンプーからです。シャンプーは髪よりも頭皮を洗うというのが正解。皆さんは正しい髪の洗い方、できていますか。

正しいシャンプーのステップをおさらいしていきましょう。

スポンサーリンク

正しいシャンプーの仕方

1、頭皮をお湯で洗う

まずシャンプーの前にお湯で髪を濡らし、頭皮を洗います。できれば38度以上お湯(もちろん熱すぎてもいけません)で、5分ほどかけ、分け目を変えてまんべんなく、頭皮を洗っていきます。

2、シャンプーをお湯でとく

シャンプーの性能を高めるためにも、直接髪の毛に塗るのではなく、一度手のひらで少しのお湯でときます。こうすることでシャンプーも温かくなり、地肌に乗せたとき伸びやすくなり泡立ちもよくなります。

3、指の腹を使って頭皮を洗う

シャンプーは頭皮を洗うものです。指の腹を使って、下から上へマッサージしながら洗っていきます。ごしごし洗うと頭皮の負担になるので、洗うときは優しく爪を立てないように、小刻みに洗っていきます。

4、すすぎは洗う時よりも時間をかけて

頭皮のかゆみや炎症は、シャンプーのすすぎ残しが原因になっていることがよくあります。すすぎは洗うときよりも時間をかけて、丁寧に行います。シャワーをかけながら、指の腹で撫でるようにして、全体的にシャンプーを落としていきます。

特に額の生え際、耳の周りはすすぎ残しが多い部分。この部分にヘアケア剤が残っていると、吹き出物や薄毛の原因になります。

5、トリートメントは髪の水分を切ってから

トリートメントをする前に大切なのは水分をしっかり切っておくこと。そうすることでトリートメント成分が髪に浸透しやすくなります。水気を絞って、地肌につかないよう髪の毛だけにトリートメントを与えます。痛みやすい毛先やサイドの毛を重点的にケアしましょう。

6、トリートメントをすすぐ

最後にトリートメントすすいで終わりです。このきも地肌にトリートメント剤が残らないよう、丁寧にすすいでいきます。

シャンプーは頭皮のもの、トリートメントは毛先のものとして、使い分けることと、シャンプーなどのすすぎ残しに注意することがポイントです。

また髪の毛があるために、シャワーで流し洗いしていても、意外と落としきれていない汚れが多いのです。シャワーの角度を変えながら、分け目を変えてすすぎをしましょう。

ヘアケア製品も高機能でお値段も高い製品がたくさん登場していますね。

私も先日、値段を見ずにあるヘアケアブランドのシャンプーとコンディショナーを買ったのですが、1万円近くもしてしまいました。せいぜい4,000円くらいだと思っていたので、レジでびっくり。

結局そのシャンプー&コンディショナーには満足したのですが、このような高価格帯のアイテムの良さを生かすためにも、基本的なシャンプーの仕方って本当に大切ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする