お手軽スーパーフード♡奇跡の木「モリンガ」で緑のパンケーキを試作

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

スーパーフードが流行っていますが、

みなさん、モリンガはご存知ですか?

奇跡の木といわれるモリンガは、国連の世界食糧計画に選定され、

飢餓や栄養失調を救う植物として注目を集めています。

国連が認めるほど栄養豊富なモリンガですが、

どれくらい栄養価が高いかというと、ビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれていて、その栄養素はなんと90種類にもなります。

モリンガの栄養価の高さは地球上の過食植物の中でもっとも高いといわれるほど!

貧しくて肉や魚を摂取できない人たちにとって、栄養補助食となりうると考えらえているのです。

スポンサーリンク

モリンガの味は?食べ方は?

モリンガは主に北インド、アフリカ、フィリピンを原産とし、現地では、お茶として飲まれるほか、そのまま料理に入れて食べられています。

日本ではフィリピン産のモリンガが多いですが、フィリピンでも割と一般的に普及していて、原価もそれほど高くありません。

日本ではモリンガティーやサプリメントがあり、最近ではモリンガを粉砕したモリンガパウダーも買えるようになっています。

栄養豊富というと、独特な味を想像しますが、モリンガティーも、モリンガパウダーも飲みにくい味ではありません。

私はモリンガパウダーをお試ししていますが、青汁のようにして飲んだり、料理に入れたりして摂っています。

味は抹茶のような味でほとんど苦味や渋みは感じません。

あとは青汁と比べて水に溶けにくい感じがあり、少々粉っぽさは残ります。

緑のパンケーキを作ってみました♡

パウダーになると用途がぐんと広くなります。

クッキーや白玉団子でも使えます。

今回は、ホットケーキミックスに混ぜてパンケーキを焼いてみました。

モリンガパウダーが塊にならないよう、きちんと混ぜるのがポイントです。

前にアボカドディップを作ったこともありますが、料理に入れるとほとんど味はありません。

ホットケーキもモリンガの味はしませんでした。

写真のように色は緑色になるので、着色用にもいいですね。

ちなみにwebの記事ように試作した前作のアボカドディップはこのような感じに。

アボカドディップもパンケーキも普通に美味しくいただきました。

ドレッシングやスムージーにしてもいいですね。

モリンガの一日の摂取量は?

モリンガの一日の摂取量は小さじスプーン1杯の約3g。

抗酸化栄養素の不足を補うという観点から、この数字に決められたとのことです。

飲めば飲むほど良いというわけではないですよ。

期待しても良い効果って?

様々な栄養素がバランスよく含まれているモリンガですが、

どのような効果を期待して良いのでしょうか?

さらに詳しく栄養面を見ていきましょう。

・体のリカバリー

人間の体内では生成する事ができない必須アミノ酸9種類を全て含み、非必須アミノ酸は9種類も含んでいます。

発芽玄米の30倍のギャバ(GABA)も。

モリンガはアスリートやスポーツをする人も摂り入れているそうで、疲労回復効果が期待できそう。

・気分もアップ

さらに女性が不足しがちな栄養素カルシウム・鉄分も豊富。

カルシウムは牛乳の20倍、

鉄分はほうれん草の31倍、

マグネシウムはアサリの5倍、

亜鉛は社蠣の2倍、カリウムはバナナの3倍も!

女性は特に、鉄分が不足しがちな時に積極的に補うのがおすすめ。

鉄分不足は気分を落ち込ませたり、集中力を低下させるとされています。

・ビタミン・ミネラル補給で美肌に

モリンガには美肌に欠かせないビタミンも豊富。

ビタミンB2はまいわしの5倍、

ビタミンEは黒ごまの4倍、

ビタミンCはイチゴの4倍も。

ビタミンは美肌に欠かせない栄養素。

夏場は特に紫外線を浴びてしまうので、ビタミンは必要です。

・食物繊維でデトックス

モリンガをダイエットに用いる人も多いのですが、

それはデトックス作用が高いからですね。

体の流れをスムーズにする食物繊維も豊富で、なんとレタスの28倍も。

水に溶ける水溶性食物繊維、水に溶けない不溶性食物繊維の両方がバランス良く含まれています。

副作用もある?

栄養豊富で食事を補うモリンガですが、

厚生労働省のHPでは下記のように通知されています。

極めて限られた情報として、モリンガの葉の抽出物を妊娠ラットに対し高用量を経口投与したところ、
流産がみられたとの文献報告がありました。

このため、モリンガ(加工品を含む。)の摂取に際しては、
妊娠している方又は可能性のある方は十分にご注意して下さい」。

妊娠されている方や、その可能性がある方は十分に留意なさってください。

栄養豊富なモリンガ。まさに奇跡の木ですね。

選ぶ際はオーガニックやフェアトレードなど製造の方も、

注意して選びたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする