脱・無難!鮮やかにハッピー気分…「ヴィヴィッドカラー」の合わせ技

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

映画『ラ・ラ・ランド』でエマ・ストーンが着ている黄色のドレスが鮮やかで、

記憶に新しいでね。

長い間シンプルなファッションが主流でしたが、

技巧を凝らした刺繍やパッチワークなどが登場し、

色についても、

ファッションの世界もエマの黄色ドレスのように、色鮮やかになっています。

その一つがピンク。

パステルピンクから濃いピンクまであり、コートやジャケット、

ワイドパンツなど面積の広いアイテムで用いるのがホット。

夏に向かっては黄色もトレンドです。

柔らかなクリームではなく、鮮やかな黄色が多いです。

ヴィヴィッドカラーといえば、小物で取り入れて、洋服に用いることは

あまりなかったのですが、

セーターやロングスカートなど、なんでも色鮮やかに。

小物でも大物でも鮮やかカラーを取り入れましょう。

今回は、ヴィヴィッドカラーに合わせたい色についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

一番合わせやすい プレーンカラー×ヴィヴィッドカラー

色物を合わせるときに、1番に思い浮かぶのが黒やネイビー。

これは割と定番な着方ですね。

そして白を合わせると少しドレッシーな感じが出ます。

こういった色はおきまりのカラー。

もう少しこなれて着るには、柔らかいトーンのベージュやグレーなどのこれまでのトレンドのカラーに合わせること。

グレーはヴィヴィッドなブルーやグリーンなど寒色系、青みの強いピンクに合います。

オレンジ、黄色のヴィヴィッドカラーにはベージュやグレージュを。

トップスが暖色系の派手色なら、チノパンやチノスカートですね。

デイリーウエアに着るなら、

こういった色味の方が派手さも抑えられ、着やすくて馴染むはずです。

可愛い雰囲気に パステル×ヴィヴィッドカラー

ヴィヴィッドカラーに合わせると可愛いのがパステルカラー。

パステルにも黒か白と思っていた人は、

ぜひヴィヴィッドカラーも合わせてみてください。

ブルーやグリーンのヴィヴィッドカラーには、

さわやかなミントカラーを。

黄色やオレンジのヴィヴィッドカラーには薄いピンク、

ヴィヴィッドなピンクにはライトパープル…という感じに。

ヴィヴィッドカラーは大人っぽい色合いが多いですが、

パステルを入れると一気に可愛らしくなります。

意外とかっこいい ヴィヴィッド×ヴィヴィッド

意外とカッコよくきまるのが強い色×強い色の組み合わせ。

ただ派手派手にならないよう、色合わせをきちんと考えてコーデしてみましょう。

ヴィヴィッドカラーの中でも色みが違うものを取り入れると上手くいきます。

例えば赤×ヴィヴィッドなピンク。

これは合わせやすいルックだと思います。

またゴールド×ヴィヴィッドなグリーン。

こちらも洗練された雰囲気になりますね。

そのほかヴィヴィッドなピンクに若草色も相性の良いカラーです。

とにかく色のおしゃれを楽しみたいですね。

一点投入するだけで無難なコーデが鮮やかになりますよ。

ぜひトライ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする