旬の大人っぽ暗リップ!ゴスにしない「ダークリップ」の扱い方

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

ぶどう色や濃い赤のリップ。ネイビーのような強い色まで。

使ってみたいと思わせるダークリップ、増えていますよね!

ダークリップ風の深みを出す黒グロスも流行っています。

皆さんはダークリップ、試したことありますか?

ちょっと使いにくいかなと思わないこともありませんよね。

強い色ですが、モード系だけでなく、フェミニン系まで、

おしゃれに見せるには色選びが鍵です。

使いやすいカラーを探してみましょう。

スポンサーリンク

外さないダークリップの扱い方

さて、ダークリップを怖い感じに見せないためには、

他のメイクをどうすれば良いのかという問題もあります。

今回は大人っぽく、エレガントに見せるダークリップの扱い方をお届けします。

肌は自然と白くみえる

強い色をのせると自然と肌は白く見えます。

なので、ファンデーションはライトにして、カバーしすぎないようにしましょう。

ダークリップはつやつやの元気の良い肌よりも、

透明感のあるさらっとしたクールな雰囲気の方があいます。

基本はノーチークでも大丈夫ですが、

顔色が悪くなるのが気になる場合は

可愛いピンクや赤チークではなく、ソフトなオレンジにしましょう。

意志的な眉が合う

眉は強すぎる必要はないですが、ナチュラル感がありつつも意志的な感じに作りましょう。

トレンドは整えるだけでほとんど描いていないか、

直線的で眉山があり、長さのある眉です。

毛の流れを生かして、あまり濃くならないように作りましょう。

寒色系のアイメイクはNG

リップを主役にするのでアイメイクは控えめに。

ワンカラーならブラウン系や淡いスモーキーなカラーも。

濡れ感のあるアイグロスもぴったり。

グラデーションにするとメイクが濃くなり、失敗しやすいです。

モーブのダークリップならペールトーンのピンクやオレンジも似合いますが、

基本的には甘さ控えめで。

涼しげなブルーやグリーンは色がちぐはぐになりやすいので、避けて。

質感も粉っぽい感じはNGです。

ダークリップは色々な洋服に合わせやすく、

黒系のコーデ以外にも、クリーンな白いシャツ、ベージュなどニュアンスカラーにも合います。

赤リップのようにじわじわと取り入れる人が増えていて、定番化の予感。

ダークリップの時は少しメイクも変えてみると、洗練度がUPしますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする