テカリじゃないの…立体感!「ハイライト」を入れるべき場所は?

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

ファンデーションを塗った時に、

顔の凹凸が消えてのっぺり見えるという現象、よく起こりますよね。

そこでトレンドなのが、シェーディング(影)とハイライト(光)を分けて

ファンデーションを塗る方法。

よくYouTubeやInstagramで見かけます。

顔の外側は暗いファンデーションを塗り、鼻すじや頰には明るめのファンデーションを塗り、境目を馴染ませてゆきます。

スポンサーリンク

簡単!ハイライトで小顔に

もちろんこのような、ファンデーションから立体感を生むメイクを日常的に取り入れている人は少数派でしょう。

ただハイライトを効果的に使うメイクは簡単なので多くの人が取り入れています。

ハイライトは光を集める場所に塗っていき、その部分を高く見せることで小顔効果を出すもの。

ハイライトを使うときに気をつけたいこと

ハイライトといっても、純粋な白ではなく、薄いピンクやパープル系の顔に塗りやすい色が多くなっています。

完全な白だとどうしても浮いてしまい、テカリのように見えたりします。

また頰や鼻筋で使う場合は、自然に見せるためパール系は避けましょう。

ハイライトが難しいのは、入れる位置によって、顔の造作まで変えてしまうため。

顔の外側まで入れると、顔が大きく見えてしまいます。

なので、基本はパウダーのように広くカバーするのではなく、スポットで使うということです。

鼻筋を通すときも、鼻の先まで伸ばすとテカリのように見えてしまいますので、眉間下から下に鼻筋3㎝ほどで留めておきます。

ハイライトを入れるべき場所

使うのが小難しいハイライトですが、ハイライトを効果的に使うと美人度は急上昇します。

小顔効果があり、ツヤが出て、可愛さがアップ!

ハイライトを入れるべき場所は3つあります。

1、頰の上

目の下、頰の上にハイライトをさっとのせます。人によって合う形は違うものの、目の下に逆三角のような形を作ると小顔効果が高まります。

チークの上に斜めに長方形入れてもOK。

ただあまり横幅を広く入れてしまうと、顔の幅が大きく見えてしまうので、注意してください。

 2、鼻筋Tゾーン

眉上から眉間、鼻筋にハイライトをひいていきます。

シャドーを入れるよりもナチュラルに鼻筋を引き立てます。

あまり目立つ白だと古くなってしまうので、ナチュラルに、馴染む色を選びましょう。

顔立ちによりますが、鼻筋よりも眉間のあたりを高めるように入れます。

Tゾーンも幅広に入れずに眉間の上のあたりに短く入れましょう。

 3、目の下

下まぶたの目頭の下に白のハイライトをひと塗り。

涙袋を作る必要はありませんが、そのまま横に涙袋に沿って、さっと入れます。

目頭の下に白を入れると黒目を引き立て、ふっくら愛らしい目元になります。

白パールだと可愛らしさアップしますが、パールがわざとらしいと効果は激減。

塗っているかわからないくらいがちょうどいいです。

ハイライトが失敗しがちなのは、入れている場所がはっきりわかってしまうことと、テカリのように汚く見えてしまうことです。

パウダーのものや練り状のものなど、

失敗しないよう綺麗にのせられるハイライトが増えているので、

苦手意識を持たず、試してみると自分の顔の意識が変わるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする