それって下手メイク!? 思わず二度見の残念メイク5パターン

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

メイクって自分が思う以上に人に色々な印象を与えるものです。

「今日は時間がなかったのかな」とか「チークとリップの色を合わせているな」とか。

顔の印象から性格をイメージしてしまうように、

メイクを見て、内面性を垣間見てしまうことありますよね。

中には人のメイクを見て、残念ながら下手だなと思うメイクもあります。

せっかくメイクをしたのに、「下手っぽい」と思われたくないですね。

スポンサーリンク

メイク下手な印象を与えるメイク 

色取り取り

カラーメイクは楽しい印象が出で、とてもいいのですが、カラーのバランスを計算できていないと、ちぐはぐになりますよね。

派手派手になったり、何がポイントがわからないというのが、メイク下手の特徴です。

カラーを統一するのも大事ですが、アイカラーを入れたら、チークは控えめにするといった計算が必要です。

メイクをする順番も影響してきます。

フルメイクをした後に、「もう少しここに色味を足そう」という感じで色を加えてみると

全体のバランスが取れてきます。

頭の中で思い描いたものと鏡の中は多少誤差がありますので、

そこの帳尻を合わせるようにした方が良いですよ。

逆に色の効いたメイクがキマるとかなりメイク上手な印象になります。

目元と口元の微妙な色合いが合っていたり、

すごく「似合う」リップが分かっていたりすると、メイクが上手い印象になります。

よく言われることですが、似合うリップの色は季節によっても服によっても、年齢によっても変わってきます。

ずっと同じ色味が似合う訳ではないので、ご注意を。

特に小さい鏡でメイクをすると、パーツパーツしか見れないので、失敗しやすくなります。

顔全体が映る鏡でメイクをするようにしましょう。

左右が違う

左右を対象にするというのは基本的なことですが、

意外と難しいですよね。

アイラインの長さや角度、眉の形、チークの位置、ファンデーションの厚さ・・・

元々の眉の形も目の形も左右違いますし、利き手の偏りもあります。

ただ、正面で見たときに左右にメイクが違うとかなり目立ちます。

できるだけ左右均等にメイクをするようにして、

顔の左右を対称に見せる工夫をしましょう。

眉を描くときに最初にどちらの眉から描きますか?
いつも右からという人はたまに左から描きましょう。

ファンデーションをなじませるとき、いつも左の頰からだという人は、たまには右から塗っていきます。

そうすることでクセから抜けやすくなります。

ぼかしが足りない

メイク上手な人はナチュラルメイクがうまいということもありますが、

それだけではなくアイラインやアイシャドウのグラデーションがうまい、

リップの形を作るのがうまいなど技巧の面でも優れています。

その中でもメイクに大切なのが、ぼかしの技です。

アイシャドウやチークもぼかしが必要です。

ぼかしのテクがないと色が浮いて見えますね。

ただぼかすのではなく、肌に馴染んだ仕上がりにすること。

肌に馴染ませるために指を使ったメイク法がよく知られています。

指の体温でメイクが馴染んでいくわけです。手っ取り早くて失敗が少ないです。

もちろん、ブラシを使うのもありです。

必ずしも指の体温を使わなくても良いですが、

ぼかしていないと、メイクが顔の落書きのように・・・。

ラインがズレている

ぼかしとは対極にうまいメイクはラインをスッキリきかせるのもポイント。

アイラインやリップラインがぼやけたり、わざとらしいとたちまち浮いてしまいます。

メイクが下手な印象を与えるのはアイラインが曲がっていたり、跳ね上がり過ぎていたり、あるべきようになっていないとき。

また正面を向いている時にそれほど見えないからと、

適当にアイラインを引いていると、それもわかってしまうので、

ラインは丁寧に引きたいポイントです。

口紅を塗る時もどんな色味でもラインが大切です。

口紅は色がどうかということよりも、唇のラインをはっきりさせることが大切な使命。

唇のラインをはっきりさせることで、ぐっと若々しく口元が綺麗に見えるのです。

なので、プロのメイクさんだと唇のラインまでファンデーションやコンシーラーで塗ってしまいます。

その方が口紅で唇のラインがはっきり出せるからです。

日常ではそこまでしなくても良いですが、

ラインをきっちり引こうという意識があれば、リップメイクは大抵成功します。

ファンデが厚い

ファンデさえ塗ればどうにかなる、といった意識がすでに今のメイクの常識とはちょっとズレています。

また、たくさん塗っていなくても、顔全体に均一に塗ると、顔の凹凸がなくなり野暮ったく見えてしまいます。

白塗りもちょっと古いですし、適当に塗って、肝心の細かいところが塗れていないのもあまりメイク上手ではない感じに映ります。

例えば、小鼻の赤みや目元、口元など、ファンデーションは厚いけれど、ところどころアラが目立っているという場合。

全体的にカバーするというよりも、アラをカバーするという発想の方が肌は明るく見えます。

ファンデーションこそ、存在感のない、それでもナチュラルに綺麗に見えるものを選んでください。

「メイクしてない方が美人」になっていませんか。

メイクをすればするほど変になるからといって、

メイクしない人もいますよね。

そういう人はそういう人でいいですが。

メイクでとにかく目立ちたい!という気持ちが強い人で、

メイクを時短にしたい人や、

それとは反対に仕方ないからメイクするというような消極的な人も

こういった下手メイクに陥ることがあります。

メイクが上手くなる方法はこちらに書いています↓

なぜあの人は美人になれた⁉︎初心者が「メイク上手」になるには…?
なぜあの人は美人になれた⁉︎初心者が「メイク上手」になるには…?
こんにちは、ビューティーライターのマキです。 メイク下手とメイク上手、皆さんは自分でどちらだと思いますか? メイクが...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする