お湯だけor泡たっぷり?「正しい洗顔」でさっぱり浄化肌を目指す…!

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

スキンケアの始まりは洗顔からとよくいわれます。夜ならクレンジングから。

どんなに良い美容成分でも肌に汚れが残っていたり、肌自体のコンディションがよくなければ、効果も半減してしまいます。

そこで大事になってくるのが洗顔。洗顔が素肌の土台をつくる上で、とても重要になってくるのです。

洗顔というと泡洗顔、ミルク洗浄料、お湯だけ…など意外とたくさんの種類の洗顔方法、洗浄アイテムがあります。皆さんもいろいろ試しているのではないでしょうか。

何がいちばんいいのかは答えの難しい問いですが、いくつかその条件はあります。

正しい洗顔とは…?

洗顔の基本は皮脂や汚れを落とすこと。どのような洗顔法でも洗い上がりがスッキリとし、きちんと汚れを落としていれば合格です。洗浄剤に保湿成分や美容成分が含まれているものもありますが、洗顔はスキンケアの土台となるものものなので、すっきり洗い上げることが第一の役割。

それ以上にしっとりと保湿させる必要はありません。それは肌に油分が残ると、化粧水や美容液の効果が半減するということもありえるからです。

皮脂が多いのは額や鼻周りのTゾーンです。お湯洗顔している方でも、もしかしたら皮脂の多い部分は洗いきれてない可能性もあります。

酸化した皮脂が残ると毛穴目立ちや大人ニキビなどの肌トラブルにもつながります。そういう方の場合は、Uゾーンはお湯洗顔、Tゾーンは石鹸を使うというような調整を。自分の肌の皮脂の多さ、その日の汚れ具合に応じて、洗顔法を選ぶのがベストです。

スポンサーリンク

見直したい洗顔のステップ

洗顔料の選び方とともに洗い方も大切。ゴシゴシ洗ったり、すすぎ残しのないようにします。

1、手と顔をお湯で濡らす

ぬるま湯で手と顔を濡らして、汚れを落としやすくします。

2、石鹸を泡立てる

石鹸を手に取り泡立てます。泡はそれほどたくさん必要なく、洗うときに手のひらが肌につかなければ OKです。

3、Tゾーンから洗う

汚れの多い部分(Tゾーン)から石鹸をのせ、次に頰やあごなどUゾーンに石鹸をのせます。

4、優しく洗う

顔にせっけんのせたら、くるくると肌に直接触れないよう泡をクッションにして優しく洗います。眉間や小鼻、唇の下など、汚れが残りやすい部分も丁寧に洗い上げます。

5、早めにすすぐ

洗い終わったら、早めにすすぎます。生え際や小鼻など、すすぎ残しがないように石鹸カスを取り去ります。

6、清潔なタオルでふく

洗顔が終わったら、清潔なタオルを用意しておき、顔に優しくあてて水分を拭き取ります。こすったり強く押し付けないようにします。

ゼッタイやめて!NG洗顔

洗顔の基本は優しく洗ってしっかり落とすこと。ほかにも気をつけたいポイントがあります。以下のことも避けるように注意しましょう。

・ぬるつきが残る洗浄料を使う

・添加物が多い洗浄料を使う

・熱いお湯を用いる

・しつこくゴシゴシ洗う

・タオルで拭き洗いする

洗顔を変えて「肌の調子がよくなった」、「透明感が出た」、あるいは「反対に乾燥する」、「赤みが出る」ということを感じたことがある人も多いはず。それだけ洗顔は美肌のもとということですね。

肌の汚れ度合いによって洗顔を変えたいので、朝と夜で洗顔を変えることも必須です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする