若い時とはかなり違う!「アラフォーのダイエット」成功のポイント5つ

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

急激に体重を落とすと、余分な皮膚があまり、肌のしわが深くなるのはよくある話。ダイエットに成功したのに年老いて見えたら、女性にとっては無残ですよね…。男性でも精悍どころか、疲れて老け込んだ印象に…。

スポンサーリンク

ダイエット=若返り

特にアラサー以降の女性や中年の女性は、ダイエットできれいになるという意味は、若返ることでは? お金をかけて自分を変えるなら10歳ぐらい若返りたいものです。

10年前の痩せていた自分をイメージして、外見上はそこに近づいていく。中年以降の女性はキレイに痩せるモチベーションとして、過去の自分をイメージするのがいいと思います。10年前痩せてなくても、肌の感じやボディーラインは思い出せるはず。

ただやみくもに体重を落とすのではなく、若返りこそがダイエットのポイント。若返りダイエットでは、目標として以下のような姿を想像してみましょう

・肌のつやがよくなる

・女性らしいボディーラインをキープ

・代謝が上がって太りにくい

・髪や爪まで栄養が行き届いている

・体が軽く、気分も明るい

・疲労感がなく活力が湧いてきた

アラフォーのダイエット成功の法則5つ

中年以降のダイエットは、若い時とはまた違う成功の法則があります。

食べ過ぎるわけでもなく太ってしまった人、あまりアクティブではない生活を送る人、お酒が甘いものが習慣になっている人…。

すぐに太ることではなくても、長年の積み重ねで本人の自覚がないところで体重増加の原因になっている場合があります。

また本人に合わないダイエットで健康を害してしまったら大変。ダイエットは健康を損なわないよう、自分の体質や適切な運動量を見極めることがスタートです。

1、食べて痩せる

極端な食事制限や〇〇だけ食べるといった一品ダイエットは、栄養のバランスを崩し、肌や髪、ツメなど細部が痩せ衰えてしまいます。余分な糖質や脂質をカットし、足りない栄養素を補うことで、食べて痩せるダイエットが完成します。抗酸化成分の多い野菜やスーパーフード、必須脂肪酸のDHAといったアンチエイジング成分も積極的に取り入れるといいでしょう。

2、ボディメイクする

ダイエットには運動が欠かせませんが、中年以降のダイエットでは、無理をすると、辛過ぎて続けられない、下手をすると怪我のもとになりかねません。忙しい人はジムに入会しても通うことを負担に感じることが多いものです。

ボディメイクはまず姿勢から。背中を丸めずお腹を引き締める正しい姿勢を意識します。縮こまっていた伸ばすストレッチも自分の体を知るには最適。正しい姿勢を知ったら、ウォーキングなど軽い運動を始めましょう。

3、代謝を上げる

年齢とともに筋力は1年で1%落ちるといわれています。そのため代謝が落ち、冷え性やむくみが出て、太りやすくなったという人もいます。こまめに動き、体を温める食べ物を摂取する、そして筋肉を維持するための筋トレをすることが大切です。

若い時に比べて基礎代謝は年々低下していきます。特に太りやすい人は、生活を見直し、代謝を上げる生活を心がけましょう。

4、疲れ・コリをケアする

仕事内容や日常生活の癖で体に歪みがでると、その部分にコリや疲れがたまりやすくなります。そして体内の巡りを悪くし、脂肪や老廃物が溜まりやすい体に。足のむくみや、肩こりや首こりなどの疲れを放置していると、定着してしまい、その部分にボリューム感が出てしまうことに。マッサージやストレッチでこまめに疲れやコリをケアすることです。

5、楽しみながら続ける

ダイエットがきついと体重が減らないだけで、気持ちも下がってさがってしまいます。何かしら運動やリラクゼーションなど、楽しいと思えることを定期的に続けながら、モチベーションを維持しましょう。

これまでやってみたかったダンスや新しいエクササイズのクラスに通ったり、月に1度エステをうける、温泉旅行に出かけるといった、“体に効く”ご褒美も新たな発見につながります。

間違ったダイエットだと痩せるとき筋肉も一緒に落ちてしまいます。そうなると引き寄せるのは老化。体にあったダイエットで筋肉をつけながら、余分な皮がでないよう、戦略的に時間をかけて体重を落としていくのがポイントです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする