脱いちご鼻!原因によって違う「毛穴をキュッと引き締める」方法

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

目立つ毛穴、どうやってケアしていますか。

春や夏は毛穴が広がるので、気になるという人も多いでしょう。

ケアの方法によっては、肌の負担になり、ますます毛穴を広めたり、

日々のスキンケアが毛穴を広げてしまうということもあります。

目立つ毛穴もいろいろ

ポツポツ毛穴といっても原因は1つではなくいくつかあり、

複合的なものもあります。

原因によって対処法が変わるので、どのタイプの毛穴目立ちなのかはっきりさせることが大切です。

よくいちご鼻と言われる鼻周りの毛穴目立ちは、毛穴の色素沈着と角栓のつまりが原因です。

化粧しても目立ってしまう頰のポツポツとした毛穴は、いわゆるたるみ毛穴と言われるもので、エイジングの1つの現れです。

スポンサーリンク

ポツポツ毛穴のケア法

汚れを吸着→毛穴を引き締める

一番多いのは角栓が詰まって毛穴の表面にポツポツと白いものがある状態。

過剰な皮脂と角栓が詰まって毛穴が目立っています。

シートなどで一気に取りさろうとしたり、指で押し出すのは、

毛穴を傷め、余計に角栓が詰まりやすくなってしまうこともあります。

詰まった汚れを取り去るにはもう少しマイルドな方法で。

毛穴の汚れを吸着するクレイマスクなどを使い、

汚れを落とし、その後、収斂化粧水や肌の皮脂をコントロールする化粧水を用いて、

毛穴を引き締めましょう。

保湿→毛穴を飛ばす

頰やほうれい線付近などたるみ肌にできやすい、たるみ毛穴は、毛穴が楕円形というのが特徴です。

毛穴の詰まりなどなく、ぽつぽつとして見えるか、連なって小じわのように見えたりします。

これは肌のハリがなくなってきた証拠。

加齢や紫外線による影響が大きいものです。

この毛穴の場合は、アンチエイジングを取り入れて。

肌のハリを出させるスキンケアで保湿をさせつつ、肌のハリを補って、毛穴を目立たせなくします。

毛穴も美白→色素沈着を防ぐ

毛穴が茶色になってくすみがかっているのは、毛穴が色素沈着していて目立っているのが原因。

周りにソバカスなどの色素沈着が見られる場合は、おそらくそれが原因です。

何かが詰まっている訳ではないので、洗いすぎは厳禁です。

また角栓の取りすぎによって、毛穴のメラニン色素が過剰に反応していることも考えられます。

美白系の石鹸を使って、色素沈着を解消しながら、日焼け防止をしていくのが近道です。

毛穴ケアはスキンケアやUVケアなどで段階を踏む必要があり、取り去る以外にも重要なステップがあるのです。

ごっそり取れる毛穴シートだけでは事足りないんですね。

まずは自分の毛穴がどういったタイプなのか、知ることから始めてみませんか。

毛穴ケア関連記事

ギョッ!「…今日は毛穴が目立つ」と思った朝にするべきこと【メイク編】
ギョッ!「…今日は毛穴が目立つ」と思った朝にするべきこと【メイク編】
こんにちは、ビューティーライターのマキです。 綺麗な肌というと、1番に思い浮かぶのは透明感のある毛穴レスの肌。 しかしメイク...
ポツポツ毛穴を消す!厚塗り無用のリキッド筆ペンコンシーラー
ポツポツ毛穴を消す!厚塗り無用のリキッド筆ペンコンシーラー
コンシーラーはシミやクマを隠すだけのではなくて、毛穴も消すことができるアイテム。 ファンデーションの上からコンシーラーをプラスすると毛穴をすっとカバーしてくれます。 アヴァンセ ジョリ・エ ジョリ・エ リキッドコンシーラー をレヴューします。

スキンケアの基本シリーズ

コスメ選びの基準!本当に肌に合う化粧品の選び方とは?
コスメ選びの基準!本当に肌に合う化粧品の選び方とは?
コスメを選ぶときの基準とは?世の中にはたくさんの化粧品がありますが、どれを使って良いのか迷ってしまう人も多いよう。新しくコスメを試したときの肌に合っているかどうかの見極め方についてお届けします。
バシャバシャvsパタパタ?ぐんぐん潤う「化粧水の付け方」基本のキ
バシャバシャvsパタパタ?ぐんぐん潤う「化粧水の付け方」基本のキ
あまり正しい方法を知らない化粧水の付け方。化粧水をきちんとつけると成分の効果もアップ。肌がキレイになる基本のスキンケア法をおさらいしていきましょう。化粧水の付け方、正しいのは?
肌がつるっと生き返る!美容オイルを使うベストなタイミング5つ
肌がつるっと生き返る!美容オイルを使うベストなタイミング5つ
人気の美容オイル。毎晩毎朝のスキンケアで使えるのですが、スペシャルケアとして美容オイルを投入するのもおすすめです。こんな時に美容オイルを使うと良いという「美容オイルを使うと良いベストなタイミング」をご紹介します。
お湯だけor泡たっぷり?「正しい洗顔」でさっぱり浄化肌を目指す…!
お湯だけor泡たっぷり?「正しい洗顔」でさっぱり浄化肌を目指す…!
こんにちは、ビューティーライターのマキです。 スキンケアの始まりは洗顔からとよくいわれます。夜ならクレンジングから。 どんな...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする