これさえあれば大丈夫。服オンチでもおしゃれ上手に大変身「究極のモテ服」5着

こんにちは、ビューティーライターのマキです。

あまりファッションに興味がない、

おしゃれするのが面倒、何をどうやって着ていいかわからない、

という人でも「きれいに見せたい!」というとき、案外多いですよね。

恋愛や婚活を頑張りたい女性で、

「何を着たらうまくいくのだろう」というのは結構頭を悩ませる問題のはず。

普段はTシャツにジーンズが定番着でも、

女性らしく装いたいときにありますよね。

そういうときに着るものもおさえておくといいと思います。

あと、カシュガルが上手でもよそ行き用のお洋服が何となく苦手という人もいます。

効率よくおしゃれができて、さらにあまりトレンドがない、そのような「いつでも大抵美人に見える」アイテムをご紹介していきます。

スポンサーリンク

重宝するアイテム5着

ノーカラージャケット

ジャケットだとかっちりしすぎ、カーディガンだと老けてみえる…。

羽織ものできれいに見えるのは、あまり似合わない人がいないノーカラージャケット。

アウターにひとつノーカラージャケットがあると、

ワンピースやスカートとも相性がよく、重宝します。

様々なデザインのノーカラージャケットがありますが、

パーティー仕様のラメ糸が入っているようなものや薄い生地のものは

日常では着にくいので、プレーンなタイプを選んだ方がいいですよ。

丈も長すぎず短すぎないものも選んでください。

とろみブラウス

とろみのあるような素材のデザインブラウスは、男性は着ない素材なので、女性らしさがアップするアイテム。

直線的なデザインではなく、生地のふんわりとした風合いを活かす柔らかいデザインがおすすめです。

落ち着いたサーモンピンクやペールグリーンなど、クリームベージュなど、くすみがかったニュアンスのある色を選ぶと安っぽくなるのを避けられます。

こういうアイテムは、トレンドがあるようにしてあまりないので、1枚お気に入りのものがあると、着回しもよく使いやすいでしょう。

パンツにもスカートにも合います。

ふんわりスカート

イメージとしてはかっちり見せたい時はタイトスカート、

女性らしい雰囲気にしたいときはふんわりスカート、

カジュアルなシーンではミニスカート、

というふうに覚えておくとよいでしょう。後は素材や柄を選ぶだけです。

この中でモテ服には断然ふんわりしたスカート。透け感があったり、動くたびにヒラヒラと揺れるというのが、きれい感をだすポイントです。

花柄や水玉、フリルやプリーツといったデザインが繊細なものの方が、生地が薄いという特性を生かせます。

安っぽいカーテンのようにならないように、きれいな色や似合う色を選んでみてください。

白ボトム

モテ服に欠かせないのが清潔感。

白系のボトムを1つ持っていると、いつでもどこでもどのようなアイテムと組み合わせても清潔感を出せます。

テーパードパンツなら、白っぽいクリームベージュなどの色を選んで。

デニムも白を選べば、キレイ度がアップ!

白ボトムをこなせるとコーデ自体がパッと華やかになり、フェミニンになります。

LBD

LBDはリトルブラックドレス。黒の膝丈のワンピースのことです。

定番でありながら、スカーフやアクセサリーで何通りもの着こなしができるもの。

着ていく場所も選びません。

ただ、黒い服は重たくみえてしまうので、カッティングがシャープで、体にフィットするようなベーシックなデザインが良いでしょう。

袖はフレンチスリーブがノースリーブがおすすめです。

長袖の黒のワンピースだと子供っぽくなったり、メイド服のように仕事着になってしまいます。

どういう洋服を選べば良いのか分からないという人は、

まずはこの5アイテムを揃えてみてください。

それぞれを組み合わせても着れますし、自分の持っている薄手のニットや白シャツとも合わせて着ることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする