スポンサーリンク

早起きしてジムに瞑想!美人のおめざは?朝のルーティーントレンド

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 朝の時間はばたばたばたばた…。 私の場合は起きて40分くらいで仕事モードに入るので、 ゆったり優雅なお茶の時間とかはありません。 以前は起きて10分くらいで仕事を始めていましたが、 今は朝食を摂...

アイラインで開眼⁉︎めっきり大人になった「セレーナ・ゴメス」のメイクの秘密

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 インスタグラムのフォロワー数が1億人を突破し、飛ぶ鳥を落とす勢いのセレーナ・ゴメス。 二年前なら、ジャスティン・ビーバーの元ガールフレンドというイメージしかなかった人も多いはず。 しかし、ビュー...

美女はよく眠る!ぐっすり眠るには…眠る前にしない&したいこと

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 現代人にとって眠りは意識して高める必要のあるものです。 スマートフォンや動画を見ることが多くなり、 それは日中、働いている人なら夜間に集中します。 またデジタル化が進み、オフィスでも体を使うこと...

時代は確実に変わってる…7年前のモード誌からみた「今のファッション」との決定的な違い

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 いつも雑誌は何年かに一度処分していますが、デスクの引き出しに一冊のモード誌を見つけました。 『ハーパースバザー2010三月号』、特集は『大人のミニ入門』です。 なんと7年前のもの! おそらく気に...

テカリじゃないの…立体感!「ハイライト」を入れるべき場所は?

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 ファンデーションを塗った時に、 顔の凹凸が消えてのっぺり見えるという現象、よく起こりますよね。 そこでトレンドなのが、シェーディング(影)とハイライト(光)を分けて ファンデーションを塗る方法。...

腫れぼったさを生かす♡美人に見せる「一重まぶた」メイクの真髄

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 アイメイクの悩みの中でも、目をどうやって大きく見せるかは一番大きい問題です。 しかし、もともと一重まぶたで目の小ささを解消したいのに、雑誌のアイメイクは二重向けばかり・・これでは参考になりません...

旬の大人っぽ暗リップ!ゴスにしない「ダークリップ」の扱い方

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 ぶどう色や濃い赤のリップ。ネイビーのような強い色まで。 使ってみたいと思わせるダークリップ、増えていますよね! ダークリップ風の深みを出す黒グロスも流行っています。 皆さんはダークリップ、試した...

脱・無難!鮮やかにハッピー気分…「ヴィヴィッドカラー」の合わせ技

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 映画『ラ・ラ・ランド』でエマ・ストーンが着ている黄色のドレスが鮮やかで、 記憶に新しいでね。 長い間シンプルなファッションが主流でしたが、 技巧を凝らした刺繍やパッチワークなどが登場し、 色につ...

モテには極小ラメ!人目を惹きつける「大人のラメ」3つのルール

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 楽しいイベントの日には、いつもとは違うメイクをしたいですね。 特別な日に楽しい気分を盛り上げるには、何といってもラメ。 きらきら輝きを放って、人の目を惹きつけるので、 新しい出会いが多い場所にも...

お洒落なつもりがヤリスギ感…失敗!赤リップ5パターン

こんにちは、ビューティーライターのマキです。 口紅のトレンドはまだしばらく続きそう。 赤や赤みのあるオレンジ、ピンクなど赤系のバリエーションもぐっと豊かになっていますね。 グロスのように塗りやすいものや、 質感と色合いがちょうど今っぽいとい...
スポンサーリンク