【ドクターブロナー新製品】洗うたび滑らかな肌に♡まるでカステラのようなほの甘いオーガニックシュガーソープ

洗顔、ボディ、ハンドと使い勝手が豊富な液体ソープといえば、

ドクターブロナーのMAGIC SOAP(マジックソープ)!

なんにでも使えて高品質。床や食器まで洗える多機能ソープです。

アメリカの商品ですが、日本でもドラックストアでも買うことができますし、

フレーバーがたくさんあって、見た目もカラフルで目を引きますよね。

ドクターブロナーはアメリカでも老舗の石鹸屋さんで、

なんと19年連続全米売り上げNo.1のナチュラルソープ。

近年ではレディ・ガガやナタリー・ポートマンがSNSで“普通に”愛用していることで、さらに人気が高まっています。

そのドクターブロナーから満をじして、新アイテムの登場です!

日本上陸は2019年7月15日。

オーガニック食品レベルの基準を満たした『ドクターブロナー オーガニック シュガー ソープ』です。

スポンサーリンク

世界を平和と愛で包もう

先日、『ドクターブロナー オーガニック シュガー ソープ』の発表会に行ってきたのですが、

アメリカから社長のマイケル・ブロナー氏も来日し、会社についてのプレゼンがありました。

マイケル・ブロナー氏は兄のデービット・ブロナー氏とともに、

1998年以降、売り上げを400万ドルから120億ドルまで伸長させました。(2018年現在)

そのドクターブロナーの歴史は深く、1948年から始まっていること、

創設者のエマニュエル・ブロナーが戦争によって家族をなくした経験をきっかけに、

宗教や民族の差別のなう結束を唱える「オールワンビジョン」の精神のもと

製品が作られていることなど話されていました。

マジックソープのラベルにたくさん文字が書かれていると気づいた方も多いでしょうが、この文字はただのデザインではなくて、

世界平和や差別のない世界を訴えるメッセージとなっています。

今度よく見てみてくださいね!

原材料は無農薬有機栽培で育てられた植物を用い、そのオーガニック原材料はフェアトレードで調達されています。

そしてアメリカ国立公園でも推奨される生分解性の高さを誇ります。

公平性のある社会のために

リップやバームもいい!

代表プレゼンの中で、もっとも印象的だったのは、

会社の中で、一番年収の低い人と高い人の差を5倍にとどめているということ。

日本円で考えると、300万円の年収の人が最低年収だとしたら、トップのCEOは年収1500万円までということになります。

自分の報酬を上げる場合には、雇っている人の給与も上げなければいけないということです。

会社内での年収格差はアメリカでは平均350倍とも言われ、

今では2000倍、5000倍というところもあり、社会の公平性の点で、社会的問題になっています。

CEOの報酬が年々上がっていく一方で、

従業員の待遇は改善されない、ということは往往にして日本でもあるものですね。

給与の決定権は多くの場合は上層部にあるわけですが、

自主的にそのように決められるというのはなかなか難しいこと。これはやはり素晴らしいことだなと思います。

高保湿のシュガーソープ。肌がしっとり潤う

新発売の『ドクターブロナー オーガニック シュガー ソープ』は天然由来成分100%、高保湿オーガニックソープです。

発売からずっと使っているのですが、これがとても良いんです!

もともとのマジックソープも使っていたのですが、これとはまた違った製品です。

まず、ボトルからそのままボディや顔に用いることができます。

私は水色のベビーマイルド(無香料タイプ)を使っていますが、

さらっとした茶色の液体で、肌当たりがよくすごく優しい感じがします。

シュガーを用いていて、洗うたびに肌を柔らかく滑らかに整えてくれるのですが、

2週間ほど使っていたら、ザラザラが気になっていた腕や肩が柔らかくつるつるに!

普段は肌のコンディションを保つために顔は一般的な石鹸や洗顔料は使わないようにしていますが、

これは赤ちゃんも使えるマイルドさで、毎日顔を洗っても大丈夫。

これは結構驚きでした。

水の代わりにホワイトグレープ果汁を使っていて、

肌を乾燥させず、とにかく高保湿です。

洗浄成分はオーガニックシカカイという天然洗浄成分を用いていて、

これはアーユルヴェーダで使われる成分で、果皮にはサポニンが含まれ、油汚れも綺麗に落とすそうです。

なんといっても原材料のお砂糖の甘い香りが人工的でなく、

まるでカステラのような、ほのかな甘みがあって、

使うたびにクセになりますよ!

香りは全部で5種類あります。

迷ったら、水色のベビーマイルドをオススメします♡

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする