永遠の定番!平凡に見せない「黒ワンピ」で垢抜ける着こなしテク

誰でもが一枚は持っている黒のワンピース。

何にでも合わせやすくて、一枚で様になるから便利ですよね。

ただ黒ワンピがベーシックでトレンドとは関係なくても、

合わせる小物や着方には当然ながらトレンドがあります。

例えば黒ワンピに変化をつけるアイテムとして

大判の柄ストールがありますが、

黒ワンピに柄ストールを合わせる組み合わせは、ちょっと古い着こなし。

シルクのスカーフだとコンサバ一直線です。

このように黒ワンピースは着こなし方次第で、おしゃれに見えたり、

コンサバに見えたりします。

そして古い着こなしにもなり得るわけで、せっかくならそれは避けたいですね。

今回は、黒ワンピースをおしゃれに見せる着こなしテクをご紹介していきます。

あえて黒小物で統一

黒のワンピースは、お約束のようにカラフルな小物を合わせたくなります。赤のバックやブルーの靴、花柄のマフラー…。

しかし、そういった着方は一般的なので、意外と古ぼけた印象になる危険もあります。

小物は黒で統一。色を取り入れたいなら、一つだけアクセントに色を取り入れてみましょう。

また、反対色のカラフルなカラーよりも、グレージュのようなニュアンスのある大人カラーを合わせるとぐっと今っぽいおしゃれ感がでます。

アクセサリーは脱無難に

黒ワンピは一枚でも様になるものと、そうではないものがあります。

レースや透け感があるようなデザイン性のあるワンピースは

そのまま1枚でも十分切着られます。

プレーンなタイプはアクセサリーがないと、働く時に着るような着こなしになりがちです。

フォーマルな場所での受付やレストランのレセプションのような働く服になってしまいます。

またアクセサリーがパールのネックレスだと冠婚葬祭のイメージ。

場合によっては老け込む可能性もあります。

アクセサリーはネックレスにするとコンサバになりがちなので、

ピアスやイヤリングなど耳元や胸元にはブローチにすると新鮮。

大きめのものをつけるとパッと華やかに、

フープピアスのような華奢なものはカジュアルスタイルの時に合います。

足元のおしゃれ

黒のワンピースには黒タイツや黒ストッキングが一般的ですが、

それに以外に、カジュアルスタイルにはニーハイソックスや黒の靴下でのお洒落も。

靴もパンプスだけでなく、ショートブーツやローファー、スニーカー、黒ワンピがミニ丈ならニーハイブーツも似合います。

派手なポイントになる色より、白スニーカーや白&黒のブーツなどモノトーンで揃えたり、グレージュやグレーのようなカラーを選びましょう。

メイク&ネイルは赤が引き立つ

黒は白肌が引き立つ色でもありますが、ヌードカラーのメイクだと

顔が暗く見えてしまいます。

またスモーキーなアイメイクだと強すぎる印象に。

華やかに見せるには赤やピンクといったリップがラグジュアリーな美しさを醸し出します。

赤口紅にしない場合でもソフトなピンクやオレンジといった色味が良いでしょう。

アウターで見違える

黒ワンピは最強のインナーでもありますね。

黒ワンピ+トレンチコートは永遠の組み合わせです。

トレンチコートだけでなく、

ガウンコートやロングジャケットなどもカッコよくきまります。

ベージュのガウンコートでもトレンドの薄ピンクでも、

白いジャケットやボーダーのノーカラーコートなどインパクトの強いアイテムを綺麗に見せてくれます。

ですので、黒ワンピに黒のアウターを羽織るのはやめておきましょう。

また濃紺や濃い緑も同じように色が被ってしまうのでNGです。

黒のワンピースは誰でも一枚は持っているアイテム。

またベーシックな形のワンピースを一枚持っていると、何にも変えがたいアイテムになってくれます。

ただどこにでもある無難なアイテムなので、本当に着方次第です。

こういうアイテムの時こそ、お洒落のコツをおさえておくと着こなしの幅が広がります。

《ファッションシリーズ》

脱タンスの肥やし!絶対失敗しない「ネット通販」で洋服を買うコツ
テレビを見ていたら、アメリカでは小売業界が通販のアマゾンの伸張に打撃を受けているというニュースを耳にしました。日本も似た状況で、オンラインショッピングはもう生活に欠かせないものになっていますよね。買い物に時間や体力...
いつまで着る?外では着れない…「Tシャツ」を捨てるべきタイミング
こんにちは、ビューティーライターのマキです。夏の定番Tシャツ。一張羅のTシャツも、気づくとヨレヨレになっていて、「部屋着で外に出てきたみたい」と言われてしまったり。Tシャツはピンキリですが、高いもの...
見るだけで気分上々!海外インスタ美女の「ファッションアカ」まとめ
夜眠る前にスマホをチェック…というひと時、フェイスブックやツイッターを見ている方、多いのではないでしょうか。もちろんそれはそれで楽しいのですが、もし気分を害するようなメッセージを見てしまったら…。あるいは目が覚めるような刺激...
人気再燃!石田ゆり子の「あどけな可愛い」ヘアメイクはこうして作る!
こんにちは、ビューティーライターのマキです。 アラフィフとなって再び人気に火がついている石田ゆり子さん。 社長兼女優として堅実なキャリアを築きつつ、 その透明感のあるかわいらしさに注目が当たっています。 ...
これさえあれば大丈夫。服オンチでもおしゃれ上手に大変身「究極のモテ服」5着
こんにちは、ビューティーライターのマキです。 あまりファッションに興味がない、 おしゃれするのが面倒、何をどうやって着ていいかわからない、 という人でも「きれいに見せたい!」というとき、案外...
モテ服の定番ワンピース…しかし選んではいけない「色」がある!
みなさん、こんにちは。ビューティーライターのマキです。 先日、久しぶりにラップドレスを買ってみたのですが、ずいぶんと女性らしい気分になりますよね。 ボディラインに沿ったデザインとか、フレアーな裾とか、着るとクラシカルな雰...
お洒落も英語もマスターできる!?「ファッション&ビューティー」海外YouTuber美女まとめ
こんにちは、ビューティーライターのマキです。情報発信基地として存在が大きくなっているユーチューブ。動画なのでリアルで、共感が大きいですよね。編集技術など動画の質も格段にアップしているので、大人でも楽...
ラフな格好でもイケてる♡「ワンマイルウェアでも美人」の掟
こんにちは、ビューティーライターのマキです。 近くにちょっと買い物に出かけるとき、適当な格好していませんか? 休日に友人とカフェで会うときなど、何を着て行こうか迷ったりしますよね。 ワンマイルウェアって? ...